BLOG

緑茶・紅茶

Share on Facebook
LINEで送る

喫茶では、抹茶以外にも、宇治玉露・静岡煎茶・釜炒り茶・国産紅茶・フルーツハーブティなど、幅広くご用意しています。

抹茶と玉露に関しては、ブレンドと熟成が重要で、熟練の茶師さんの仕上げは欠かせません。ですから、宇治茶は全てもりた園さんから仕入れています。

宇治茶以外の国産茶に関しては、いろいろな茶農家さんを巡り、直接お話をして、仕入れを決めています。

宮崎・五ヶ瀬周辺では、現在少なくなった ‘釜炒り茶’ が栽培されています。釜炒り茶とは、一般的な煎茶が蒸して製造されるところを炒って製造され、この工程により、特有の芳香があります。さらに、高地にあるため、香りの良い茶葉ができます。当店の仕入れ先・興梠さんの畑では、農薬はほとんど必要ないそうです。関西エリアから行くとなると、かなりハードな行程ではありますが、五ヶ瀬町の皆さんがとても温かい方々なので、幾度も訪ねました。

五ヶ瀬茶畑

静岡・川根は有数の茶産地で、質の良いお茶がつくられています。静岡出身ですので、ある程度土地勘があるつもりで、益井さんを訪ねて行ったのですが、ここまで山奥とは…あらためて、静岡の広さを感じました。こちらも高地なので、農薬の必要も無く、香りの良い茶葉ができます。さらに、その香りを引き出すために、現在の煎茶製造工程では見られない・萎凋(いちょう)をしているそうです。本来タブーと言われていますが、適正に行われた益井さんのお茶は、とても香り良く仕上がっています。

益井さんというと、ご本人が紅茶のイベントに出店することが多いため、国産紅茶ではちょっとした有名人のようです。実際に、益井さんの紅茶は、国産だからと侮れない仕上がりです。紅茶好きの方にも、試していただきたい逸品です。

県外の茶どころの話ばかりでしたが、滋賀も立派な茶産地。滋賀にも、朝宮という名産地がありますので、ラインナップに加えるべく、茶畑巡りに出掛けたいと思っています。